健康ツインズ

ブラックジンジャー:タイからやってきた、黒くて苦いブラックジンジャー。逞しく、美しく、ホットにしてくれる、凄い奴。貴方はどれから、トライする?

ブラックジンジャーとは?

タイでの呼び名は クラチャイダム Krachai(=生姜) Dam(=黒)

ブラックジンジャーとは、日本では「黒しょうが」や「黒ウコン」とも呼ばれるショウガ科の多年草です。主な生産地であるタイでは「クラチャイダム」と呼ばれています。「クラチャイ」は生姜、「ダム」は黒色を意味しています。タイでは古くから民間薬として使用され、膝や腰などが痛む時に根茎部を輪切りにして乾燥させたものを煎じて飲まれてきましたが、近年の研究により様々な機能性が確認されており、優秀な健康素材として注目が高まっています。

見た目はショウガとほぼ同じなのですが、切ってみると中は紫がかった黒色をしています。味も普通のショウガとは異なり、清涼感のある香りがするものの、「良薬口に苦し」のとおり、苦味が強く、クセがあり、そのまま食すには向いていません。主な産地はタイ北部の山岳地帯で、悪路の中を車で何時間も走ってようやく辿り着けるような山の奥地で栽培されています。そんな場所で暮らす人々は、伝統的にブラックジンジャーを食しており、健康な身体を維持することにより、そのような山あいの過酷な環境でも悠々と農業を営むことができたと考えられています。ブラックジンジャーは標高が高く水はけのよい山間部でないと育たないので、栽培は難しい上に非常に手間がかかり、大変希少な素材と言えます。

タイ政府厚生省認定素材

タイでは1000年以上も前から様々な健康機能がある健康素材として利用され、輪切りにして乾燥させたものを煎じてお茶として飲んだり、ワインにして飲まれたりしています。2004年、タイ政府厚生省は、人々の健康を促進する最も優れた食品素材として12種類の食品素材を「プロダクトチャンピオン」として認定しており、、ブラックジンジャーもその中の一つです。

タイのブラックジンジャー畑

ブラックジンジャー
学名:Kaempferia parviflora Wall. ex Baker 英名:Black Ginger 属名:ショウガ科バンウコン属 食薬区分:非医薬品リストに収録(日本)

有効成分「ポリメトキシフラボン」

ブラックジンジャーには、多くの有効成分が含まれていますが、最も注目されているのが「ポリメトキシフラボン (Polymethoxyflavone)」です。ポリメトキシフラボンはポリフェノールの一種で、ブラックジンジャー以外にはあまり含まれていない貴重な成分です。一部の柑橘類の皮にも含まれていますが、ブラックジンジャーほど豊富には含まれていません。近年の研究でポリメトキシフラボンには多くの機能性が認められており、医学分野で高い注目を集めています。

ポリメトキシフラボン / Polymethoxyflavone
R1R2R3
3,5,7-trimethoxyflavoneOMeHH
3,5,7,4'-tetramethoxyflavoneOMeHOMe
5,7,4'-trimethoxyflavoneHHOMe
5,7-dimethoxyflavoneHHH
3,5,7,3',4'-pentamethoxyflavoneOMeOMeOMe
5,7,3',4'-tetramethoxyflavoneHOMeOMe
ポリメトキシフラボンの構造式
ブラックジンジャー:タイからやってきた、黒くて苦いブラックジンジャー。逞しく、美しく、ホットにしてくれる、凄い奴。貴方はどれから、トライする?
© 2020 Btech Inc. ページのトップへ